www.kou-kuro.com

自賠責保険という保険は正式には自動車損害賠償責任保険と呼び、通称自賠責保険と呼ぶものになります。保険は通称、強制保険と呼ばれ自動車を車検に通す時は決まっている期間内に適用される自賠責保険に入っていなければなりません。つまりは、全てのクルマに加入義務のある保険です。ではクルマが自賠責保険に入ったまま売却した際にはどうでしょうか。自賠責保険は車検時に更新をするというケースが少なからず存在しますが、もしも強制保険に加入したクルマを売却した時は保険料が返還されることは全然ありません。なぜなら自賠責保険を一度消して、保有者に移すことはちょっと面倒くさいのです。なので、強制保険(自賠責保険)の場合は名義変更をして車と一緒に渡すのが普通です。その代わりの価格を買取額に上乗せしてくれます。強制保険(自賠責保険)は自動車税と違い支払った額を月々で割り算した額が返還されるのではなく査定額に足すといったような手段が使われることが一般的なのですが買取査定に明記されるケースは珍しいです。ですので車買取のときは自動車損害賠償責任保険の額が買取金額に含まれているかを確認するようにしましょう。あなたが納めた金額がどの程度かだけでもわかっていれば損をすることはないと考えます。その自賠責保険の額に関しては加入期間によって変わってくるため、確認が必要です。車の処分時には自賠責の名義を変更しなければなりません。もしもこれをしないままにしていたら保険会社よりあなた宛てに保険期限の満了を知らせる便りが来ることになります。手放すか悩んでいる自動車が多少でも高額で手放せることを応援してます。

コンテンツメニュー