等級のランクには1等級から20等級まであり

自動車の損害保険には皆様方も既に知っているかと思われますが、等級という指標があります。

正確にはノンフリート等級別料率制度と呼ばれ、月額の掛金に関係しているのです。

等級とは、車の損害保険の被保険者の公平な負担を保つことを主眼とするので、事故を起こしてしまう危険性あるいは、自動車保険を使われる見込みがより大きければ高いと認められるほど保険の料金が増加します。

反対に事故を発生させてしまう確率がより低く、車の保険を適用されるとはあまり思われない加入者は危険度の低い保険利用者であると判断されることで月額の掛金がぐっと押えられます。

安全に車を利用する運転手の人のほうが優遇されるシステムであるので事故を引き起こしやすい利用者にはデメリットのある決まりであるといえます。

等級という仕組みは、危険度の低い運転手と事故リスクが高い加入者の掛金が一緒だとフェアでないと考えてしまう被保険者が大多数であるためサービス提供側側にとっても経営上のリスクを少なくするためにとにもかくにも必要なシステムだといえるでしょう。

ここで、等級という制度が詳しくはどんなシステムなのか簡潔に説明しようと思います。

最初に、等級のランクには1等級から20等級まであり、被保険者の等級が増えるたびに月々の掛金が割引されるシステムになっていることに注意しましょう。

次に1等級から3等級に関しては引き下げられず、逆に保険料は引き上げられ、アクシデントを生じさせ、自動車の損害保険を利用すると等級が3つ引き下がってしまい、より負担が増した自動車損害保険を支払うことにならざるを得ません。

最後に、新しく自動車の損害保険に契約するならば6等級という位置からのスタートになりそのときから等級が低くなるのか増えるのかはドライバーの今後次第です。

そのため掛け金を低くしたい人は、自動車事故を生じさせないように余裕を持った運転に努めていくのが一番効率的といえるでしょう。

コンテンツメニュー

    Link